5年ぶりのお客さま

お一人の健康相談を終えて一息ついていると、懐かしいお顔が玄関先にのぞいた。

5年ぶりにお客さまが訪ねてきてくださったのだ。


健康相談で体調が改善してくると、自然にフェードアウトしてご挨拶できないままになってしまうことが少なくない。

お客さまがパタリとお越しにならなくなると、私としてはこちらの対応が何か悪かったのかと考える。

気の小さいわたしだなぁ、とおもって みたり。


このお客さまも、年賀状のご挨拶は何度か交わしていたものの、ホメオパスとしての対応不備があったのではないかと考えていた。


「せんせー、実は結婚したんです」

といううれしいニュースまで伝えてくださったお客さま。

わたしの心もスカッと爽快。

あぁ、当時の対応は大丈夫だったんだなとホッとする。


プレゼントしてくださったミニブーケ

かわいいガーベラとスターチス、カスミソウの花束を持ってきてくださり、さっそく飾らせていただく。


こうやって皆様から元気を頂戴しているよな、と思う今日この頃。

お客さまの存在そのものがわたしにとってはレメディのようなものなのかもしれない。


#保健師ホメオパス

#自然療法

#ホメオパシー療法

#健康相談


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示