だから私はホメオパシーが好きなんです

ホメオパシーを求めるお客さまは、いろんな健康法をすでに試していて、終着駅としてホメオパシーにお越しになったという印象を持つことが多い。


もう3年ほど健康相談を利用しているお母さん。

彼女は自分のガン治療後のフォローアップとして来られていて、相談開始2年後にホメオパシーキットを購入され、少しずつ使っておられます。

最初は、ご自身のガンのことなどちっとも話されず、お子さんの多動性と皮膚のアレルギーでお申込みになりました。

お子さんの体調の変化を通じて、自分の相談してみようかなと思い始め、今やお母さんの相談が中心です。


そんな彼女が次のようにおっしゃいました。




わたしがホメオパシーが好きな理由



ホメオパシーってよく効きますから。

子どもがケガして痛い、とか。歯が生えるときにグズグズ言ったり下痢したり。

転んであざができたときとか、風邪をひいたときとか、、、とにかくレメディをあげて様子を見ます。

副作用を心配する必要がないのが大好きです。


主人はクスリが大好きなので話にならないけど、わたしはドラッグストアに売ってるクスリはもういらないんですよね。

塗り薬だって、指から有毒なクリームを吸い取ったりすることを心配する必要はないですし。

ホメオパシーは私の子どもたちが直面した、いろんな問題を解決することができるんです。

実際に全部がうまくいったわけじゃないですが、レメディの使い方を知ってるっていうことは、

不安にならないし病気が悪くなる前に対処することもできるし。


私の子どもと同じ年齢の女の子が、いとこの家庭にいるんですね(いわゆる姪)。

で、うちの息子とその子は、同じような体質を持っていると思うけど、いとこはホメオパシーをぜんぜん知らないし、使ったことがないので、子どもの健康の違いははっきりしてるんですね。

うちの息子のほうが元気っていうか、、、、。

いとこにも勧めたし、ケガしたときにレメディをあげたこともあるけどダメなんですよね。

興味がないみたい。


ホメオパシーを使ってる息子と、いとこの娘。ホメオパシーを始めて3年になるけど、健康のギャップはどんどん大きく開いているように思います。

いとこの家はすぐにクスリをつかっているしね。


ホメオパシーは、最初は考えるのが難しかったです。

でも、それを続ける価値はあります。

だからといって、ホメオパシーしか使わないわけじゃないけど、サプリメントも飲んだりしてますし。