COVID19を封じ込めた韓国の底力

昨日は2時間ほど表題のWebinarに参加しました。

主催はPARC(NPO法人アジア太平洋資料センター)。

日本ではあまり報道されていないかもしれませんが、韓国のCOVID19の封じ込み対応には世界からの評価が高いとされています。


国民ひとりひとりが自発的に行動自粛をしたことが功を奏したようです。政府対応への評価は満足度77%とのことでした。 なぜうまくいったのでしょう?

最大の成功のカギは、

「透明性と公開性の高い政策」

これに尽きるようです。

毎日の報道では、要の判断をする専門家が、コロナの状況を逐次国民に伝えているそうです。 大統領が国民に伝えるのではなく、現場で判断する専門家が発表することで、よりメッセージ性の高い内容として国民の主体的な行動へとつながった、市民団体が動く必要のないくらい迅速に、政府が率先してあらゆる部分においてきめ細やかな対応をしたというのです。

日本は大きく大きく出遅れていますよね。 国民が信頼できる政治を!


国民の7割に保証をしたとありますが、訂正です。そののちに全国民に保証がなされました

手厚い保証の一部です。この類のスライドが全3枚ほど続きます。

26回の閲覧