新型コロナウィルスについて

更新日:2020年3月31日

連日のトップニュースで瞬時にして国民に広く知れ渡った新型ウィルス。

このブログを書くきっかけは1件の質問でした。


「中国で猛威をふるっているコロナウィルス、バイオハザードという噂についてどう思われますか? また、ホメオパシー的予防のアプローチはありますでしょうか。危機感を抱いています。」


この質問にしっかり応えられるか、日々新たな情報が入ってきている状況ではありますが、いろいろな記事を拾い集めながら現時点の状況について取りまとめてみましたので参考になさってください。




ーーーーーーーーーーーーーーーーー

新型コロナウィルスってどんなの?

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

そもそもコロナウィルスは目新しいウィルスではなく風邪のウィルスとして以前から存在していました。たとえば、SARS、MERS(中東呼吸器症候群)、重度の急性呼吸器症候群はコロナウイルス科に属します。

当初は、中国の都市である武漢からウィルスが発生したと言われ、武漢コロナウィルスと呼ばれていました。

武漢は1100万人がすむ場所です(ちなみに熊本県は175万人:2019年)。

コロナウィルスは、コウモリやラクダなども感染しますし、中国ではコウモリを食べる習慣があることから、これが引き金で武漢コロナウィルスに変異したのではないかと言われています。

武漢の食料市場で違法に販売されている野生動物(コウモリ)から人間へ感染し、アウトブレイクしたと考えており、ウイルスが変異していると仮定して対策に取り組んでいます。


CDC(アメリカ疾病予防管理センター)によると、コロナウイルスは通常、軽度から中等度の上部気道疾患を引き起こします。これは一般的な風邪症状ですので、多くの人は一生のうちにコロナウィルスに感染しているのです。 コロナウィルスの一般的な感染経路は、風邪と同じです。つまり、感染した人から別の人へ、空気や接触によって広がります。

武漢コロナウイルスは人間から人間に伝染する可能性があると述べられていますが、伝染がどのように起こるかは明らかではありません。


念のため、一般的な風邪予防の対策を講じているのが現状です。