要望書の提出、その後

7月初旬に、菊池市長および教育委員会に対して、無人ヘリ農薬散布の事前告知に関する要望書を提出いたしました。 農政課、健康推進課、子育て支援課も同席しての貴重な意見交換会となりました。 以後、東奈津子市議を経由して取り組みに関する回答を得ましたのでご報告いたします。 7月末から第1回目のヘリ散布が開始されます。


ーーーー


◆市民への周知方法について(菊池市長) 専用アプリ「防災、行政ナビ」での周知


◆保育園への周知方法(子育て支援課) 7月20日に各保育園にメールで告知済み。散歩など保育活動中の注意も促す内容を含んだとのこと


◆学校への周知(教育委員会) JAから各小学校へ散布に関するFAX(画像参照)送信済み 教育委員会は学校長へ注意喚起を促す予定



ーーーー


お読みの皆さまは、ごく小さな前進とがっかりされているかもしれません。歩みは小さいけれど息長く続けていかねばならないと思います。

ご家庭でもぜひ、お子さんと一緒に「散布時期には近寄らない」や「できるだけ吸わない(窓を閉める)」、洗濯ものを外に出さないなど自衛手段を考えていただければと思います。子どもたちの川遊びもしばらく注意が必要です。


とくに成長発達の著しい乳幼児、学童期の影響は軽視できません。農薬は哺乳類に対する脳神経毒性が証明されているのですから・・・。



13回の閲覧