薬機法には十分気を付けて

もう何年も前のことですが、メディカルアロマの教室を主宰しているお客さまが、

「自分の配布したチラシの表現が、薬事法に触れると行政から指摘されたんですよ」と。

そして、

「こういう告発はたいてい同業者なんですよねー」

「少しうまくいくと足を引っ張られるもんなんですよ」

とおっしゃっていました。

これはHP制作会社の社長も同じことを言われていて、私はその方々の話を聴きながら身のすくむ思いをしたのを覚えています。



このことを思い出したのはなぜかと言いますと、

たまたまYou tubeで「メンタリストDaiGoさんの薬機法違反を指摘する」というアップがありました。

その動画の中では、ビタミンDが季節性のうつ病に効果があるという前書きを述べたあと、アマゾンの購入サイトに誘導する仕組みになっていたようで、

医薬品ではないものに対し、そのような発言はバツだと解説してありました。


とても勉強になりますね。

といっても、私の場合はヒタヒタと地を這うような小さく質素な活動ですので、住む世界が違うののですが・・・^^


ホメオパシーはクスリではないですし、保健師ホメオパスは医師でも薬剤師でもありません。

病気を治すという目的に使うのではなく、自然治癒力を揺り動かすことを目的とした民間療法です。

ここは日本ですので、世界のホメオパシーがどのような位置づけだろうが、日本の法律にのっとって表現しなければなりません。

今後もしっかり薬機法に配慮しながら、皆さんに理解いただけるように気を付けてまいります。


ーーー メモ ---


薬事法は2014年、薬事法が改正され薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)になりました。

特に注意をしなくてはならないのは以下の通り


【医薬品のような表現】

例)ニキビが治る、ニキビ跡がなくなる、シミが消える、シミが薄くなる、シワがなくなる、肌が回復する、炎症が治まる、吹き出物が治る


【効果効能や安全性を保証する表現】

例)これを使えば安心、敏感肌でも大丈夫、肌が白くなる、毛穴が小さくなる、肌にやさしい成分だから安全


【優秀性の表現】

例)今まで使った中で最高の化粧水、最強の美容液、優秀なクリーム






15回の閲覧