薬剤耐性菌とホメオパシー

現在、看護実習指導を行っています。健康相談のご予約調整には、お客さまにご不便をおかけしております。ご協力ありがとうございます。


さて、現場に足を運ぶと、いかに病院が薬剤耐性菌に悩まされているかを感じます。 中でも抗生物質の耐性菌は増加の一途ですよね。



知らない人はいない「MRSA」。 これはメチシリン耐性黄色ブドウ球菌です。


他にも「ESBL」。 これはセフェム系抗生物質を分解するβラクタマーゼを産生する腸内細菌のこと。近年とても増加しています。


もう一つ、「CRE」。 カルバペネム耐性腸内細菌。このCREは、カルバペネム系・セフェム系・ペニシリン系のいずれの抗生物質にも耐性を示すので、治療に使える抗生物質そのものが限定されます。



つまり、耐性菌というのは抗生物質が効かないわけですから、ひとたび感染症にかかった際に防御の手立てがないということ。

一足飛びに菌に命を支配されてしまうわけです。


言わずもがな、耐性菌というのは抗生物質の過剰投与で生み出された副産物。

抗生物質そのものにも副作用がある中で、本当医必要な時だけに投与したい薬剤ですね。



ホメオパシー療法では、熱や下痢、切り傷や、中耳炎、腹膜炎や感染症などなど、今主流の薬物療法で抗生物質を使用すりことが当たり前になっている、さまざまな症状に対応するレメディが用意されていますが、耐性菌とは無縁です。



まずはホメオパシー療法で対応し、どうしてもうまくいかないときに薬物療法を使ったらいいなぁと思いませんか。。。。?



コスモスが美しい季節、熊本市動植物園にて