蔓延するコロナワクチンへの不安

こんにちは。保健師ホメオパスの末田みき子です。


先日、クライアントさんから急きょ電話が入りました。

わたしは健康相談中だったのですぐに電話を取ることはできなかったのですが

履歴に4回コールがあったことが確認できました。

とても慌てられているということが伺えます。


健康相談を終え、コールバックするとお客さまの不安そうな声。


「今朝、起きたら片目が真っ赤に充血してるんです。同居の義父がワクチンを打ったのが4日前だけど、これってワクチンの害でしょうか?」


こちらに電話がなかなかつながらず、その間ご自身でネットで色々お調べになって、ますます不安が募った様子です。


ご存知の通り、目の充血はだれにでもよくある症状。とくに中高年以降の年代では朝起きたら充血していた、というのは珍しくありません

疲労や力を入れて重たい荷物を持った、月経などでも充血してしまうことがあります。

このこと自体はあまり問題ではなく、それによって眼圧が上昇し目の痛みや頭痛などの随伴症状が出現するならば受診が必要です。

出血が自然吸収されるのには1~2週間はかかりますので、その間は鏡の中の顔を見てはため息が出るようなホラー顔になります。


このクライアントさんは、巷で囁かれているコロナワクチンの伝播性症候群への不安が強く、当相談室がご用意した「コロナワクチン・フォローレメディ」をご家族でお取りになって精神的な安寧になっているご様子です。


目の充血が伝播性症候群の一つかどうかは不明ですが、

厚生労働省の新型コロナワクチンの検討部会の最新資料(2021.7.7発行)では、

たしかにファイザーワクチン(コミナティ)の筋肉注射後の副反応で、眼の充血は31名と他の症状に比べ少なくない数だということも分かります。



厚生労働省は新型コロナワクチンの検討部会を設けています。 厚生科学審議会 (予防接種・ワクチン分科会 副反応検討部会) (mhlw.go.jp)