絵本「あいしているから」

インコのセキちゃんが(わたしの不注意で)大空に飛び立ったのが10日ほど前。

いまでもパァーっと羽ばたいていく姿が目に焼き付いています。

数日間は、おなかをすかして帰ってくるのではなかろうか、近くの木にとまっているのではなかろうか 、ときょろきょろしていました。

時がたつにつれ、帰ってこないんだなと理解するようになりました。

空っぽの鳥かごは今もエサが入っていて、片づけることもできずそのまんま。


悲しいという気持ちよりも、エサの取り方ひとつ知らないセキちゃんを放ってしまったという自責の念のほうが強く

達者で暮らしているならば、それは喜ばしいことだと感じています。

親しい友人とLINEでのやりとりで「わたしが大好きな絵本なの」と教えてくれた絵本、私は初耳だったのでさっそく注文して今日届きました。

本屋の帰り道に車の中で読み、胸がかぁーっと熱くなりました。


もし、あなたが大事ななにかを手放した(失った)としたら、

そんなときに読むといいかもしれない素敵な絵本です。


我が家の蔵書がまた増えました。 AYAさんありがとう。





#あいしているから #愛するとは #美しい絵本

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示