相手と同じ目線で

日本ホメオパシー協会が主催した、帯津良一DrのWebinarに参加した。


まず、90分間しゃべり続ける80代のパワーに圧倒。血色の良さは日野原重明Drを彷彿させた。

帯津Drの心に残った言葉として一つを紹介します。

「わたしは昔、外科医の頃はね、患者さんは壊れた機械で自分は優秀な修理士だと思ってた。上から目線だったんですね。でも、ホリスティック医学を勉強するようになって、同じ舞台に立っていると思うようになった。患者さんがガンと闘く戦場にいるならば、私も同じ戦地に立ってて一緒に戦っているんですよ」

ホリスティックの分野では自己治癒力を尊重するので、治すのは医師ではなく患者本人。

病む人:治す人

ではなく

病む人:それを支える人

だろう。

ホメオパシーにおいても とても大事なこと。