病後の養生を軽視しないで

みなさんにお馴染みの風邪やインフルエンザ。


自然療法(ハーバリスト)のPaul Bargnerは次のように語っています。

「あまり急いで仕事に戻ろうとしないこと。発熱していた期間と同じ程度の回復期間が必要です。特にインフルエンザは養生に時間をかけること。解熱後7日間くらいは養生しましょう。養生の期間が短いと1週間から1か月間、インフルエンザ様の症状が長引くことがあります」


「熱が下がった」となれば、早々に仕事を再開したいことでしょう。熱が下がったらすぐに保育園に行かせたいことでしょう。でもちょっとまって。病後の養生に少し気を付けると体の修復スピードがぐんとUPしますよ。


<養生のメリット>

排泄と循環の改善

肺の健康をサポートする

適度な乾燥を促す


<方法>

食事はあたたかいものが好ましいでしょう。お粥やスープなんて最高ですね~


野菜のスープは簡単で素晴らしい養生食!

清潔にしましょう。

→窓を開けて空気の入れ替えをしたり、汗を吸ったシーツなどを洗ったり、、、もちろんご自身のカラダの清潔を保つことも大事です。


<レメディ>

ティッシュソルト(生命組織塩)と呼ばれる12Xのレメディを活用しましょう。ミネラルのコンビネーションである「ミネラルソルト」や、Calc-c(カルカーブ), Sil(シリカ), Sulph(ソーファー)などの12Xnoもよいでしょう。


<マザーチンキを活用しよう>

Calen(カレンデュラ)は疲れた体をリラックスさせ癒します。また、Tarax(タラクサカム)は肝臓や腎臓をサポートしながら排泄を促進します。温かいお茶(または湯)にお好みの量を滴下してお取りください。


病気の養生を適切に行ってより健やかな身体を作りましょう!!