熱中症にはBellベラドーナ

「先生、スポ科の子が体育館で倒れました!」


私が非常勤勤務している高校の看護科の職員室に、こう言いながらスポーツ科の男子生徒が走ってきました。


看護学科の職員室は、いわば校内のナースステーション。看護師集団です。


知らせを聞いて一人の教員が血圧計などを持ってバババーっと駆け出し状況把握へ向かいます。この光景、病棟と一緒です。頼もしい♡


その教員が帰室後、このように。

「あー、熱中症たい。身体がぐでんぐでんで歩けんもん。 意識??あるよ。でも目の前が真っ白だ、言うもんね。瞳孔も開いてね、痙攣起きたら怖いわ。これ病院搬送たいねー」


この会話を横で聞きながら、わたしは熱中症のNo.1レメディであるBellベラドーナを思い出す。


この状況、まさにBell!

体育関係の教員が持っておくととても役立つレメディ。



夏の活動は十分な水分補給とクールダウンを