熱に役立つレメディ

子どものいるご家庭は、何度も何度も経験する熱・・・。

熱は病原体が入ってきたときのカラダの正常な免疫反応であり、病気ではありませんが、

改めて熱について考えると、いったい何度を発熱というのでしょうか?


アメリカの自然療法(ハーバリスト)Rosareeさんのウェビナー講義では、

「平熱は37度、37.7度以上を発熱という」という定義でした。

平熱で37度の日本人っていったいどのくらいいるのでしょう?私たちは低体温ですね~。


熱は視床下部でコントロールされている

さて、熱は視床下部でコントロールされているのですが、

熱が出た時に注意しなければならない状態とは次の通り。

・脱水を来しているとき

・熱が3日以上続いているとき

・意識がもうろうとしているとき、ぐったりしているとき

・重度の心臓の持病がある人


テキサス小児病院(Texas Children's Hospital)のバートン医師(Barton.D.Schmitt,MD)

によると、お父さんやお母さんには熱の誤解があるそうで…一般的に言われている熱の嘘を8つご紹介します。


〇誤解1:40度以上の熱は脳を破壊する

     正解→42.2℃を越えた場合は危険である

〇誤解2:誰でも熱性けいれんを起こす

     正解→熱性けいれんを起こす子どもは4%のみである

〇誤解3:全ての熱には解熱剤が必要である

     正解→39.5度以上であれば解熱剤を与える

    (内海聡Dr:子どもの熱では一般的に解熱剤は不要。子どもへの投与は非常に危険である)

〇誤解4:なにも投薬しなかったら熱は下がらない

     正解→感染性の熱の場合は、脳の温度調節のために40.6~41.1度を境に解熱する

〇誤解5:クスリを使用すれば熱は正常値に解熱する

     正解→投薬しても解熱するのはせいぜい1~1.5℃

〇誤解6:もし熱が下がらなかったら深刻な状況になる

     正解→解熱剤が効かない熱は細菌やウィルスによるものなので、感染の重症度には関係しない