果汁100%の誘惑!

お砂糖のいっぱい入ったジュースは買わない。でも100%のジュースなら少しは大丈夫かな…。おチビちゃんを連れて街中のぶら散歩で、この誘惑に負けてしまうことがあります^^。



値段も手ごろ、健康的なイメージもある

紙パックで飲みきりサイズ。1本100円以下で100%果汁…

退屈しのぎになるし、なにしろ喜ぶもんね・・・。


あぁ、でもそんな理由で安易に量販されてる100%のくだものジュースに手を出すのはもうやめよう…。



(私の卒業理由その1)

砂糖なし、だけどものすごく甘い。果汁の糖度が高い。だから美味しいんですよね~。

ジュースってチビチビ飲まないから一気に飲んでしまうもの。するとね、一気に血糖値が上がる。

身体のインシュリン工場(膵臓)は大忙しになって疲弊する。これを何度もやってると、調節機能がおかしくなってくる→糖尿病へ…。


(私の卒業理由その2)

天然ならば酵素の働きで発酵するのですが、これは流通にはよろしくない。発酵を止めるために酵素が取り除かれています。熱を加えて発酵をストップ。この時点で栄養や風味は消失。たとえば買ったミカンは1つ1つ全部味が違うのですが、売ってるオレンジジュースなんかはどれも味が同じだと思いません?それはね、あとから風味付けをやってるからです。果実エキスなんかで味を整えているらしいのですが、ガッカリ…。


(私の卒業理由その3)

オレンジジュースといえばフロリダ産。コンビニで売られているやつも、ドラッグストアーに並んでいるやつも、よく見るとアメリカのフロリダ州がほとんどです。そのフロリダ産のオレンジは、除草剤などの農薬の主成分であるグリホサートが他のオレンジジュースのブランドよりも高い値で検出されています。これ、有名な発がん物質でしたね…。アーア


以上の3つの理由で、果汁100%のジュースという選択肢が消えてしまうわけで…。飲んだら健康にいいような気がするけれど、実はそうじゃないんですよね。

自分で買った果物をジュースにしようと思ったら、かなりコスト高になります。それが生の果物の値段よりも安いなんて・・・。よくよく考えてみれば製造過程にトリックがあるのは明白だけど、こういった現実を突き付けられないとつい流されて手が出てしまうんですよね~。ハンセイ


参考サイト:

https://childrenshealthdefense.org/news/breakfast-favorite-orange-juice-tainted-by-glyphosate-herbicide-threatens-our-health-and-floridas-environment/