新型コロナと川崎病

第4回目のRobin MurphyのWebinarは、COPD(慢性閉塞性肺疾患)と呼吸器離脱後の後遺症についての内容でした。


人工呼吸器が必要な人の多くは、肥満と高齢者

いつもながら20個近くのレメディの紹介がありましたが、

それよりも、途中の質疑応答で


「川崎病とコロナに関するレメディは?」


という質問がありました。


ヨーロッパの小児科で川崎病の発症者が非常に増えているとのレポートがありました。

新型コロナの感染が、小児には川崎病に類似した症状を呈するのではないか?

という仮説については、まだ科学的な因果関係はありません。

https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.05.10.20097394v1



ホメオパシーは川崎病と診断名がつこうがなかろうが、以下のようなレメディがメインになります。



 <Robin Murphyの回答>


しょう紅熱に代表されるレメディを=まずはBellやNat-mが第一候補になります。

しょう紅熱の詳細については

ホメオパシー出版「ホメオパシー的予防」が参考になります。





64回の閲覧