断食神話トップ5

イスラム教徒の人々は、年に1回、約1か月間「ラマダン」という断食を行って信仰を深めます。夜明けから日没までの水分接種も禁じられています。そして、この期間は性交渉やケンカ、タバコ、不謹慎な言動も慎む(禁止)とのこと。これは健康上にも非常に理にかなっているようです。

断食というとハードなイメージがありますが、誰もが手軽にしかもお金のかからない健康法として「ファスティング」という名で注目されていますね。


断食は手軽にできてお金がかからない、練習も不要!

かつて断食はタブーとされていた時代があったなんて嘘のようです。今回は、断食のタブーを覆すお話をいたしましょう。


神話1:断食は不自然で不健康である

→ 断続的な断食は、実際の細胞の修復と保護メカニズムを刺激することにより、身体の全体的な治癒効果を持っているといわれています。


神話2:断食は新陳代謝を弱める

→ 研究では、断続的な断食が ケトーシスの状態を促進し、成長ホルモンのレベルを増加させる ような効果を高め新陳代謝を持つことができることを示しています。


神話3:断食は栄養不足の原因となる

→断食神話の中で、根拠のない神話の一つです。断食によって、ごくわずかの栄養分を使用してすばやくエネルギーに変換し保つことができます。


神話4:断食は筋肉を喪失する →最近の研究では、8週間の断食によって筋肉量の有意な喪失はありませんでした。それどころか、平均12ポンド(5.4キロ)の脂肪を削減したと報告されています。


神話5:断食は摂食障害の原因となる

→断続的な断食によって、摂食障害を引き起こすという可能性はありません。しかしながら、単にヤセ(減量)を目的とした断食行為は、すでに摂食障害の渦中にある人たちを引き付ける魅力があるのも事実です。単なる減量を目的とするのではなく、体のクリーニングを目的とする方が健全だと思われます。



時々断食を行うことは、免疫システムを向上させ新陳代謝を高めます。私たちのカラダの細胞をクリーンアップさせるといわれています。損傷したDNAを修復し、インスリン感受性を改善し、さまざまな病気を予防する健康法なのです。


参考サイト:

https://www.konnichiwa-asia.com/ramadan/

断食会議が1月に開催:

https://fastingtransformation.com/?idev_id=22&idev_username=hto&utm_source=22&utm_medium=affiliate-link&utm