感染症の流行に備える

最終更新: 3月31日

コロナ感染が熊本でも確認されましたね。 ここ数日、とても増えている質問がありますのでここで回答します。


お客さまからのメール転載↓


ーーーー コロナウイルスが身近で確認されるのも時間の問題と思われます。 ホメオパシー レメディのヒ素(Arsenicum;アルセニカム)を準備しておこうと思います。 ネットで英国のエインズワース、ホメオパシージャパンのものを見つけました。 おすすめのレメディがあれば教えてください。 いっそのこと、42種類(36種類)の基本セットを持っておいた方がいいでしょうか?

ーーーー


★私の回答↓★


今回の世界的流行への備えだけでなく、今後のセルフケアにもホメオパシーを活用するのは心強い自衛の手段になります。 そういった意味でキットをご検討ならばAinsworthの42レメディキットか、ホメオパシージャパンの基本キットが良いでしょう。

どちらもAnt-tアンチモンターが入っており、今回の新型コロナの呼吸器系のダメージにも対応したレメディとなるでしょう。Ars(インド政府が有効と発表している)やGels、Bryなども役立ちます。

単品購入で準備したい場合、レメディの選定は、前回の当相談室のブログ記事をご参考になさってください。

なお、私は代理店ではありませんのでキットの販売はいたしておりません。お手数ですがネットなどでご購入ください。




ホメオパシージャパンの商品をご希望の場合には、熊本県下に代理店が1件ありますので問い合わせてみてください。 (茶豆倶楽部 明川さん 080-1768-3155)