心のケアで万病の予防を

医療AIの熱心な研究が行われています。

これはとても喜ばしいこと。

インフルエンザの診断に、鼻に綿棒を突っ込まなくてすむようになるかもしれません。

(大人でさえ苦痛があるのだから、子どもは苦痛と恐怖におののきます)

名医とヤブの格差がなくなるかもしれません。


ではこれからの時代、医師にもっとも求められるものは何だろうか?

そう考えると、やっぱり「心のケアの匠」としての医師の存在を願います。

病気になれば誰だって不安になります。気持ちが落ち込みます。

命を授かれば、避けて通れないのは死です。

すべての精神患者さんは愛の問題を抱えています。

これはAIで解決するのは難しい。


患者さんの身になって思いやる、思いやりのある医療が大事なはず。

難病を抱え死に逝く子どもの親に、どう声を掛けたらいいのか。

視力を失った人や、腕を切断した人に何と言ったらいいのか。

激しい失念に打ちひしがれている人に、どう関わるべきか。

・・・考えることはたくさんあって、

酵素の名前や薬品の名前なんて本に書いてあるわけで。(それこそAIが教えてくれるはず)

時間をかけて覚える重要性があるんだろうかと思うのです。


もちろん私は医師ではありません。

でも、ひとりひとりのクライアントさんに自分がどうしたか、を大事にしながら今日も関わらせていただきます。



ホメオパシー健康相談
健康相談では、じっくり時間をかけてクライアントさんの訴えを傾聴していきます。