子どもにマスク

先日、我が家の双子のチビたちが野イチゴ摘みに近所でガサゴソやってると、おじさんから 「あんたらワクチン打ったんか?打っとらんならマスクせにゃ」と言われたそうです。


この話を親しい先輩にしたら、「ワクチン打っても罹るしうつる」とプリントしたTシャツでも着させるしかないね。 と笑い話になりました。


子どものマスク着用や活動制限がこころに与える影響に関して、国立成育医療センターが調査をしているとのこと。 2022.5.10の東京医師会の定例記者会見で、川上恵Drは次のように答えました。

https://youtu.be/dwwBiTgdF4Q



ーーーーー


無気力、うつ的になっているという指摘がなされている。 特に乳幼児における子どもたちの喜怒哀楽という感情表現を含む情緒面の発達は、表情を通してお互いのやりとりの中で育まれるものなので、これから5~10年先に影響が出るのではないかと懸念している


医療崩壊が予測されない今の現状では少しずつ感染防衛の緩和を図っていくべきで、最初のステップとしては戸外でのマスク着用をやめるということを考えるべき (大声を出す、近距離でお互いの飛沫が飛ぶ場面を除く)

これは大人も子どもも当てはまる


ーーーーーーー


記者会見の全編はこちらです。



#新型コロナ

#オミクロンba2

#東京都医師会

#マスク着用

#保健師ホメオパス

#ホメオパス

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示