好転反応で予測される症状

お家の中をきれいにお掃除するとスッキリします。

同じように、体内もお掃除が必要な時があります。なにもしないとゴミはどんどんたまっていくからです。ホメオパシーは「臭いものにフタ」という概念はありません。どんどん排泄を促しキレイにします。


「どんな好転反応がでるんでしょう?」

誰でも知りたいこの質問・・・。


すでにご存じの通り、ホメオパシーのレメディは物質を含まない程に希釈してありますので、レメディによるアレルギー反応などの副作用はありません。

そして、私が健康相談で併用するマザーチンキは、より効果的に排泄を促すことを目的としてハーブ療法で用いられる薬効を利用し、臓器の強化をしながら身体を刺激していきます。


だからホメオパシーの健康相談は、身体のデトックスをしながらも、問題解決に必要な要素をすべて奪うということはありません。


しかし、デトックス(好転反応)が生じたら、クライアントの皆さんにとって不快な症状もなきにしもあらず。その際には、デトックス休暇を取り、ぜひ日記をつけてみてください。肉体的な排泄だけでなく、精神的な排泄もあります。


排泄(デトックス)で身体をきれいに


★健康相談後のパターンとその意味



1)レメディ開始後、心身の症状に変化が生じた


よくあるのは、好転反応の兆しは、健康相談のレメディを取り始めてから2~4週間目に3~5日間くらい続く症状が現れます。

※その不快度に応じて、また症状に応じて、お手持ちのキットからレメディをお取りください。


変化のパターンは以下の通りです。


睡眠と休息が必要になる   自然治癒力が発動した場合、眠くなることがよくあります。これは体が休息を求めているという意味です。


:できるだけ解熱剤などは用いず自然療法での緩解方法を探してください。この際の熱は、排泄のための熱発と考えますので、発熱を抑える=排泄にブレーキをかけると同義になります。ホメオパシーレメディだけでなく、豆腐パスタやこんにゃく湿布なども活用なさってOKです。


皮膚の発疹または発汗


鼻や耳からの排泄:朝起きたら鼻血が出ていた、片方の耳から出血があり枕が血で汚れていた。などの症状が起こることがあります。


咳や痰


排便の変化:より頻繁に、より緩くなった、臭いなど


排尿:回数や量が増えた、色が濃い、臭いなど。子どもでは睡眠中の排尿(夜尿)が生じることがあります。


軽いインフルエンザ様の症状


悪寒や咽喉の症状 


感情の変化:感情が吐き出すことがあります。

      ex.一時的な悲しみ、泣き、怒り、不安、強迫観念の悪化、執着など

      過去のトラウマが戻ってくることがあります。

      発達障がいの場合には一時的な赤ちゃん返りがあることも。


過去の未解決の症状が戻る:過去に、抗生物質やステロイドのような薬物で抑制していた場合は、その症状が一時的に戻ることがあります。すぐに解決する場合もあれば、追加のレメディが必要になることもあります。この場合には、途中相談で対応させてただきますので健康相談をご予約ください。



2)排泄や改善の兆しがみられない


この場合、排泄すべきものがあるというよりも、腎臓や肝臓、副腎といった臓器のサポートがまず必要だと考えられますので、次回の健康相談ではその点にフォーカスしてレメディをお渡しします。


3)必要なデトックスができない


何かがデトックスをブロックしている可能性があります。通常多いのは、過去に使用した薬物がこれにあたります。この場合は、薬物レメディを用いて真の問題にアプローチしていきます。また、便秘や睡眠不足などもデトックスを妨げます。生活スタイルを見直し排泄を促進できるようご自身で手助けしてください。

ex.加工食品やファーストフード、菓子類などのジャンクフードの摂取はできるだけ控え、ミネラルの多い新鮮な食事を心がけてください。


※レメディを取っている期間に、風邪やインフルエンザなどの疾患に罹患することもあります。これらの感染症は好転反応とは無関係ですが、発熱や鼻水、喀痰排泄、嘔吐下痢などの随伴症状によって(それらが引き金になって)排泄が促進されると考えられますので、お手持ちのホメオパシーレメディで随時対応いただくか、ご相談ください。また、これらの経過は是非日記に反映させてください。


心も身体もキレイにして、より自分らしく人生を過ごしましょう!

健康相談ではそのお手伝いをさせていただきます!


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示