価値ある健康相談のために


毎日の健康相談、コロナ流行以降は対面相談よりもオンライン相談(リモートで行います)が増えています。

初回ではほとんどの場合、お客様と健康相談の注意点を一緒に確認いたします。

こんなに丁寧に説明されることがなかったので驚きました、と言ったのは熊本で長らくフラワーエッセンスの指導をしているMORさん。

MORさんご自身のお仕事の運営上、参考にしたい部分があったのでしょう。私の作成した同意書のコピーを持ち帰られました。


以下、わたしがホメオパシーをするうえでお客さまと確認する事項の一部です。

長らく同じ仕事をしていると盲目的になってしまい、勝手に自分の当たり前の基準を作ってしまうこともあります。

これがお客さまにとっては当たり前ではないことも多々ありますので、このタイミングで自己確認するためにも書き出してみることにしました。



健康相談で大事なこと


健康相談をすすめながら以下のようなことを確認します

  • あなたがホメオパシーでどのような問題可決を求めているのか

  • ホメオパシーまたはホメオパス(ホメオパシー療法士)に対する信頼の程度

  • さまざまな健康問題のうち、あなたが急ぎで解決したいことはあるのか

  • ホメオパスとあなたの関係性は平等であるが、それは友人を意味するのではないということ

  • あなたが私に過度に依存したり、ホメオパスに不適切な感情を持つようになったら、私はあなたとのセッションを打ち切る可能性があるということ

  • あなたの問題解決の進捗状況に応じてセッションの頻度を減らしてもよいということ

  • ホメオパスにあなたの内服の是非または服薬調整についてお答えすることはできないということ

  • もし私が、健康相談のクライアントとしてのあなたの姿勢に疑問を持つ場合(たとえばジャンク・フード生活をつづけながら糖尿病を解決したいなど)は、話し合いを重ねたうえで相談を打ち切る可能性があるということ

  • レメディを取り始めて生じた症状について、好転反応であると断定することはできません。健康状態に不安がある場合はしかるべき医療機関への受診をおすすめします

  • 初回相談のみであなたが求めている慢性症状の問題解決をはかることは難しい場合があります。同種のレメディを見つけるために複数回の健康相談をおすすめします

  • 健康相談の継続期間についてはあなた主導で決めることができるということ

  • 薬物療法や放射線療法、そのほかの代替療法とともに、あなたの選択している療法に応じてホメオパスは伴走者としてあなたの決定を尊重しホメオパシー療法を用いて支援します


人生の主人公はクライアントさまご自身です。

迷われた時はご相どうぞください。そして一緒にベストな方向性を導き出せるよう考えてまいりましょう。

時にはご家族様(特にパートナー)のご同行を求め互いに意見交換しあう場合もあります。

近すぎて言いにくかったこと、大切に思うがゆえに言いたいことが言えずに悩む場合もあることでしょう。


繰り返しますが、ホメオパスはいつでもあなたの伴走者です。

歩みをそろえて一緒にまいりましょう。


お役に立てるよう尽力いたします。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。




#保健師ホメオパス

#ホメオパシー療法

#ホメオパシー

#健康相談

#代替療法






15回の閲覧0件のコメント