予防接種に関する私見

予防接種に関して不安に思う人は多いことでしょう。

打つべきか、打たないべきか…。

納得した答えを出せない自分にイライラすることもあるかもしれません。

でも、不安に思っている人はそれだけで十分健康意識が高いな~と思います。


だって、振り返れば15年前の私は、インフルエンの予防接種を打つことに何ら疑問も持っていませんでした。

その一歩先を歩んでいる「どうしたらいいんでしょう?」、この質問を抱いている方々。

もう一息で自分の答えを導き出すことができるはずです。


そういう方々の参考になれば、と思って以下をサラサラっと書いてみます。

(予防接種=ワクチンと書きます)




ワクチンについて知っていることと知らないこと


まず最初に知っていただきたいこととして、「全てのワクチンは悪である」というのは間違いです。世の中には必要なワクチンも存在しています。たとえば、私がコガタアカイエ蚊が山ほどいる地域に出張せねばならない時、渡航前には迷わず日本脳炎ワクチンを接種します。また、狂犬病に罹患している可能性の高い犬に噛まれたとき、即座に狂犬病ワクチンを打ちます。


だから「ワクチンは命を救うことがある」というのは事実です。

ただし、慎重に考えねばならないのは、ワクチンには副作用が出現する可能性があるからです。

100%安全な外科手術はないように、私たちの毎日の暮らしに絶対的な安全はないように(外を歩けば交通事故に遭遇する可能性だってあるし、殺人鬼に命を奪われることもある)、不意の危険というのは生きている限り付きまとっています。


ワクチンも同じく、100%安全ではありません。当然、意図しない結果をもたらすことがあるのです。これを副作用とか副反応とか言うんですよね~。


これは主にワクチンに加えられているものが原因です。例えば、いくつかのワクチンには、人体にとって非常に有毒な成分の1つである水銀が含まれています。そのほかにも神経系に影響を与える有毒な炎症反応を引き起こす可能性のあるアルミニウムも添加されていることがあります。これらは神経毒でありその危険性については、どのような立場の人であっても有毒であると理解しています。

そしてもう一つ、ワクチンには水銀やアルミニウムなどのほかに、ヒト以外の外来DNA粒子が存在する可能性があります。

だからそれらがワクチンの効果効能に反して思わぬ副作用を引き