バナジーの死

カリフォルニアのホメオパスのブログから、偉大なインドのホメオパスの訃報。

その名も、プラティップ・バナジー。

インドのコルカタで4代にわたり(150年です!)ホメオパシーに貢献してきた医師ホメオパスです。


臨床経験に基づいてホメオパシーの手法を単純化かつ標準化した人物です。

日本でも、「バナジー・プロトコル」はあまりにも有名で、プラサンタ・バナジー氏とプラティップ・バナジー両者の講義を聞いた時の感激は今でも忘れられません。

講義終了後の質疑応答では、場内から次々と質問が挙がり途中で中断しなければならないほどでした。

そののちに出版された「バナジー・プロトコル」では、X線やCT、エコーの画像とともに数々の臨床症例を盛り込んだ病理的なアプローチのバイブルで、今も私の書庫の一番見えやすい場所に鎮座しています。



能力のある人を失った悲しみはあります。自閉症の大家であるティヌス・シュミッツもしかり。


心の中で静かに合掌しながら、いちホメオパスとして彼の偉大な功績に恥じぬ慢性病の相談に尽力する決意をしました。


#バナジープロトコル

#ホメオパシー健康相談

#保健師ホメオパス

#ホメオパシープロコトル

#ホメオパシー研究財団


閲覧数:80回0件のコメント

最新記事

すべて表示

朝方の夢はとにかく怒っていました。 夫が子どもに許せない指示をしたのです。しかも、かなり現実に沿ったリアルな内容です。 夢の内容はこうでした。 高2の次男が修学旅行に昨日から行っていますが(これ事実、北海道です^^)、夢ではなぜか自宅に帰ってきている。あれと思い聞けば、お父さんが大事な用事があるのでキャンセルするように言われた。前日の電話だったので学校の先生にはひどく迷惑をかけた、と修学旅行をドタ