コロナ服従に抗議する

更新日:8月25日

世界でワクチンの強制接種に対する抗議行動が行われています。

日本では、接種率の高い国の報道が多くみられますが、オーストラリア、フランス、イタリア、ギリシャで何万人もの人々がワクチンの強制接種に抗議しています。

フランスでは、"My body is mine" and "It is my choice"のプラカードを掲げてデモ行進。その数、数十万人というのですから圧倒的な人数です。

待ち構えていた警察や機動隊が、デモ行進している市民に対し催涙スプレーや水鉄砲を浴びせています。



コロナに関して世界的な統計を行っているジョン・ホプキンス大学は、感染者数や死亡率だけでなく、コロナワクチン接種率のデーターも掲載しています。

国別の予防接種の進捗状況について - ジョンズ・ホプキンス・コロナウイルス・リソース・センター (jhu.edu)


このリンクの中の世界地図の国をクリックするとそれぞれの接種率と接種者数が出てきます。

日本は接種率40%と掲載されています。


最新情報をキャッチしましょう

ワクチンはいったい何を防御するのか。

コロナウィルスの制圧はできるのか。

コロナでダメージを受けているのは、肉体ではなく私たちひとりひとりの心ではないか。



接種をめぐる分離分裂。


my body is mine

であり

It is my choice

であり

smile and peace






参考記事

COVIDワクチンは、ワクチンとしてヨーロッパ、米国で強く反対を義務付けます (greenmedinfo.com)

世界中の数千人がCOVID-19ショットに抗議し、ロックダウン|ボイス オブ アメリカ - 英語 (voanews.com)

43回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示