コロナ患者体験談

あるSNSに公開投稿された症例を端的に整理しました。以前にもこのブログでは何度か書いていますが、新型コロナの徴候は呼吸器症状です。いかに早く呼吸機能低下を把握し対処できるか、がカギであり、ホメオパシー的なアプローチをするにせよ、その他の療法を取り入れるにせよ早期対処が予後に影響を与えます。

セルフケアで対処できるのは、ごく初期の症状のみです。ネットではコロナレメディとしてArsやGels、Bryなどが独り歩きしているように見受けられるときもありますが、次に紹介するようなケース(新型コロナの肺炎症状で入院するような場合はこれが一般的な経過です)においては、セルフケアキットで何とかなると思うのは無謀または無知かと考えます。

あ、そうは言うものの、予防に関してはOscilやCamphが認知されていることは素晴らしいことです♪

もはや市中感染となっている新型コロナですが、人ごみに行ったor濃厚接触云々などという場合は、予防行動としてそういったレメディを取るのは、誰もがセルフケアでできることですし、ホメオパシーで健康管理をする醍醐味ではないでしょうか。


ホメオパス(ホメオパシー療法士)が対応するのは、初期徴候以降の全身状態の問題に対して。

退院後も呼吸リハビリを必要とされる方も、特に高齢者の場合は少なくありません。こういったケースにも当相談室は対応させていただきます。

早期発見のためにも、健康状態把握のためにもパルスオキシメーター(血中酸素飽和度)は一家に一台をお勧めします。

さて、前置きが長くなりましたが、本題のケース紹介です。


======


イギリスに住む50代の日本人女性 (2021年1月4日現在)


<初期徴候>


11月下旬から風邪のような体のだるさがありました。起きれないくらいのだるさで以後2週間は寝っぱなしでした。今思うと酸素レベルが下がっていたのかな。

咳は後から出現してきました。


地域でも流行していましたので夫とともに早めにPCR検査に行きました。結果は偽陰性で自宅静養となりました。

とにかくだるくて動けません。トイレに行くのも寝室のすぐ横なのに遠すぎる感じで。階段を1段ずつずり這いのように体をずらしながら降り、さすがにこれは異常時だと感じはじめました。

今思えば、相当呼吸器の状態が悪かったのだと思います。




<治療の副作用>


救急車を呼び、救急隊員が酸素レベルを測りに来てそのままサイレン鳴らして入院。