インフルエンザに役立つレメディ、ArsとGelsの使い分け

そろそろインフルエンザが流行しはじめたとか?

話題作りの一つになってしまった感もあるインフルエンザ。

実際、罹患すると正直しんどいですよね。


そんなとき、ご家庭にホメオパシーのキットがあれば心強いことでしょう。

今回は、一般的なののキットの中に入っているArsアーセニカムとGelsジェルセニュームの違いについてお話ししましょう。




〇インフルエンザ症状に用いるArsとGelsの違い

どちらのレメディも、とても弱っています。まさにぐったりして横たわってる感じ。傍から見て「しんどいんだろうな」と思える状況です。


Arsの特徴

 体の芯まで冷え切っている(ストーブの前でさえも!ポカポカしない)

 喉が乾いているのに、与えるとチビチビとしか飲まない(あったかな飲み物でなければ受け付けない)

 不安が強くて落ち着かない(重病になったー、というオーラ全開)

 特に調子が悪くなる時間帯は、午前1時~3時(熱が上がったり、咳が増えたり、体の痛みが強まるetc)

 水っぽい鼻水を伴うことがある


Gelsの特徴

 寒気が強い(悪寒がする、背筋がゾクゾクしてあたたまらない)

 からだが重くて仕方がない(横にならずにはいられない)、動けない

 瞼を開けることさえも重く感じる(目を閉じて休んでいる)

 喉の渇きがない、高熱が出ているのに水を欲しがらない

 あまりおしっこに行きたがらない


この2つ、似ているようで違います。どのタイプのインフルか使い分けて乗り切りましょう♪♪

※Inful(インフルエンザウィルスのレメディ)を1日1粒、3日間併用すると良いですよ。



 


 



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示