インフルエンザこそホメオパシーの出番

熱はデトックスだから大事、なんて言うもののインフルエンザにかかって喜ぶ人はまずいないでしょう。

インフルエンザの高熱と身体のだるさ(疲労感)、節々の痛みなどは誰だって苦しいもの。かといって、インフルエンザの予防接種が有効かというと、その有効性の低さから接種を控える方もいますよね。


このマイナーなブログを読んでくださる方は(ありがとうございます!)、きっとみなさんそれぞれ自分に適した手当法をお持ちだと思うのですが、私はやっぱりホメオパシーです。


代表レメディをご紹介しながらインフルエンザを乗り切る方法をお知らせしますね。ご紹介レメディはAcon , Osil , Ars , Gels , Inful , Mineral Solt.


ーーーーーーーーーーーー

インフルエンザのレメディ

ーーーーーーーーーーーー

まず、今日のようなぐっと冷え込んだ日。なんと昨日までは21度もあって11月初旬の気候だなんてニュースで言っていましたが、今日は一転して7度~10度近く気温が下がって12月らしい寒さが舞い戻ってきました。



油断して薄着し、こんな寒風に当たった方はAconアコナイトです。ホメオパシー愛用者であれば誰でも持っていると言っても過言ではないレメディですよね~。

Aconはちょっと身体が冷えたなぁ、風邪に気を付けなくちゃと思う時に1粒舐めます。風邪は初動が大事って言いますが、Aconまさにそう。風邪のごく初期に取りましょう。

Aconの風邪は夜中に突然高熱を出すこともあります。あまりに突然で驚きます。こんなときに大活躍するレメディです。



インフルエンザといえばOscilオシロコッキナムも忘れてはいけません。これも初期には大活躍します。インフルエンザの全般的な症状、身体が冷えて悪寒がする、インフルかも?という場面で早めに取ります。海外では冬の時期にはOscilの売上がぐんと伸びますので、薬局の看板にもOscilの宣伝が…。



フランスの薬局の店頭にある看板 右上にOscilの文字が見えますね!

症状がはっきりしているのであればそれに応じたレメディを選びましょう。症状別レメディをご紹介します。



アメリカで胃腸インフル(Stomach Flu)と呼ばれるのは日本でいう感染性胃腸炎。吐き気や下痢が主症状です。これは熱よりも体のダメージが大きくて心身ともにぐったりしますよね。脱水にならないように水分摂取が必要ですが、生姜湯なんかは特におすすめです。生姜は胃を落ち着かせ吐き気を緩和します。栄養不足だろうといって牛乳を飲ませる保護者さんがいますが、それはNGですよ~。症状に応じて重湯や