さらに帯状疱疹のワクチンも

保健師ホメオパスの末田みき子です。

コロナのワクチンに帯状疱疹の副作用があり、コロナワクチンの前にまず帯状疱疹ワクチンを打ったほうがいいという声があることを、以前このブログでも記事にしました。

コロナワクチンの利益に関するイスラエルの大規模研究


そもそも新型コロナもコロナワクチンも、世界的な流行から2年以上が経過しましたがまだまだ不明な点が多い現状です。

2年も経過していまだに「新型」っていう和名がしっくりこないんですけどね^^


何が起こるかわからない、その現状において3回目のブースター接種が始まりました。

日本では18歳以上であればだれでもブースター接種が受けられるそうですね。


日本のワクチン接種率はすでに1回目接種率は78%、2回接種率は75%を超えているとのこと。

じゃ、ご近所さんはまずみなさん打ったんだろうなと想像しつつ、少数派に類する自分の立ち位置を改めて見つめています。


当相談室は熊本空港から車で40分くらい。

観光を兼ねて関西方面からクライアントさんが健康相談にお越しになることもあります。

その最寄りの熊本空港は今、お客さんで大賑わいですし、阿蘇方面へ紅葉狩りに行く旅行客らしい姿も多く見かけるようになりました。

さすがにみなさん、ニューヨーカーのようにマスク無しで歩いているということはありませんが、パンデミック前の賑わいを取り戻しつつあるなと感じます。


そんな状況で、これから冬になってきて人ごみや室内に入る機会も多くなり、それが心配のタネになるとのことでブースター接種を希望する人もいることでしょう。




さて、話を元に戻しますが、コロナワクチンの副作用に帯状疱疹があります。

もともと帯状疱疹ヘルペスは神経節に潜んでいますので(保菌者)、ちょっと体力が落ちた時に口唇ヘルペスが出るような方々は要注意です。

たいていの人はきっと、アシクロビルに代表される抗ウィルス薬で対処していることでしょう。

こういう方々はとくに、ワクチン接種後の帯状疱疹にくれぐれもお気を付けください。

発疹が出る前に、ひざや腰などの節々の痛みを感じる場合が少なくありません。これを「前駆痛」といいます。

この段階で「あれヘルペスかな」と思う人は皆無で(医者も判定できない)、マッサージやカイロプラクティックなどに行ってしまうこともあります。

数日後に発疹が出てきてヘルペスだ、となり大騒ぎになるわけです。