がん治療とインフォームドコンセント

ガンと告知された患者さんが、いろいろ調べてホメオパシー療法を訪ねてくるケースがあります。

健康相談と通してほぼ100%の方が、口をそろえて医療者の言葉に傷つけられたと嘆きます。

お話に耳を傾けながら医療従事者(私は一応、看護師であり保健師です)として心が痛みます。

お話を伺いながら一緒に涙がこぼれることもあります。

病気のうえにさらなる苦痛を与えることに対して憤りを感じます。

もっと患者に寄り添った言い方はなかったのだろうか、と悔しいのです。



皆さんご存じのように、がん治療は、化学療法(抗がん剤)、手術、放射線の3つが三大治療です。

がんと診断されたら、まずお決まりのセットですね。

本当にその3つしかないのか、医師はその3つしか知らないのでは?3大治療を妄信しているのでは、と感じることがあります。




昨日お越しになった女性も、医師の言葉に傷ついたと仰いました。

1時間という相談のなかで、クライアントさんの感情を思いっきり吐露していただくのも大事な時間です。

以下、クラアントさんの会話から受診時の医師とのやりとりを文字起こししてみました。




患者「1年に1回、人間ドッグに行っていたのに卵巣がんが発見されなかったということですよね。つい1年ちょっと前に出産もしたのに」

医師「発見しにくい場所だったんだと思います。3週間以内に手術をしましょう。予約日はこの日でいかがでしょうか」

患者「そんな急に。ちょっと考えさせてください。。。私は手術も抗がん剤もできたらしたくない」

医者「抗がん剤をしないなんて、そんな患者は聞いたことがない」

患者「抗がん剤は副作用が苦しそうなのでやりたくないんです。検査だけしていただけませんか?」

医者「うちで治療をしないなら検査もしませんよ

患者「そうですか、、、ではセカンドオピニオンにも意見をもらいたい・・・」

医者「セカンドオピニオンね、いくらでも紹介状を書きますよ。どこがご希望ですか?だいたい、うちの病院がセカンドオピニオンでいろんなガン患者が紹介状を持ってやってくる医療機関なんですよ。」

患者「○○医院に行こうかと思っています。癌のマインドフルネス療法などやっていると聞いてますし」

医者「○○医院?聞いたことがないね(笑う)」