予防の第一歩は臓器強化から

OUR SERVICES

三大排泄器官を強化して毒を排泄しよう!

健康を維持するためには、食習慣や生活リズム、生活環境などに留意することは不可欠です。

このHPをお読みいただいている方々は、そういったことには関心が高く、すでにさまざまな手法を取り入れて実践されていると思いますので、ここではデトックスに関連する臓器について解説いたしましょう。

​防御の第一線

胃は消化過程のスタート。

胃が十分な消化液を生成していない場合は食べ物を適切に処理することができません。その結果、消化されていない食べ物の塊が腸に押し込まれ腸内が混乱をきたします。

肝臓

消化と解毒の鍵

体の中で最大の消化器官は胃ですが、肝臓も免疫システムにとって最重要な臓器です。

肝臓が過度のストレスを受けると、あらゆる食べ物を分解するために必要な胆汁がしっかり分泌されまません。その結果、未消化食物が体内に停滞することになります。

​腸

長い道のり・・・

体が適切に食物を処理できない場合、未消化物が結腸を通過するのに最大で60時間もかかることがあります。

腸の内容物はすべて便に変わりますが、このとき未消化物は体内に残りやすく、腸内の腐敗を引き起こします。

デトックスの近道はホメオパシー

毎日の暮らしのなかで、わたしたちはさまざまな毒と言われる物質に曝されています。それを100%取り除くことは不可能です。「あれが悪い」「これが悪い」、確かにそうです。しかし、毒素に対してこだわりをもつ生活は、無限の迷路に迷子になるようなもので、健康への最終目標に近づくことが難しいような気がします。

 

たばこの煙や、家庭の中の化学物質、化粧品、大気汚染、食品添加物、遺伝子組み換え食品、水道水、カビや農薬etc....

悪いものが体に取り込まれたとしても、できるだけ速やかに排泄できる臓器であればどれだけ心強いでしょう。

ホメオパシーの健康相談では、未病の段階からのアプローチも行います。

ストレスが少なく、はるかに簡単で確実な方法、それがホメオパシーです。

なにをもって健康というか?
なにをもって病気というか?
​なにをすることがゴールなのか?

このページをお読みくださっている方の中には、いかなる症状も出したくないと思っている人もいるかもしれません。

誰しも、できれば病気とは無縁で暮らしたい、そう思っておられることと思います。

 

しかし、今、目の前の症状をよくする程度のことが主眼であれば、ホメオパシー療法は非常に部分的なものになります。

もちろん、症状がなくなることはその人にとってはとても大事なことですが、目の前の症状がなくなったら「健康」なのでしょうか?

肉体の問題がある人はすべて「病気」なのでしょうか?仮にそれが解決したら「健康」なのでしょうか?

なにが病気で、どのような状態が病気なのでしょうか?

​WHO(世界保健機構)では、健康について次のように定義しています。

Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいう。(日本WHO協会訳)

たとえ難治性の病気であったとしても、症状があまり気にならなくなったり、否定的な感情に惑わされず毎日の生活が快活に送れているならば、健康で豊かな人生なのではないでしょうか?

また、病名がつくような病気を患っていなくとも、本人にとってはどうしようもなく苦しい状態ならばそれは「不健康」なのではないでしょうか?

 

健康について少し深く掘り下げて考えると、不健康の根本的な原因は自分自身の内面にある場合が多いことに気づきます。

​他者がうらやむような状態であっても、ご自身は「どうしようもない」と打ちひしがれていることもあります。

逆に、傍から見るととても大変な状況のような方が、「いろいろあるけれどなんとかやれています」と笑顔でこたえられる、そういうこともあります。

病気か、病気でないかといった目で見える状態だけで判断するのではなく、「健康か不健康か」という価値観で自分のこころとからだを見つめると、どうありたいか、自分にとっての健康とはどのような状態が望ましいのかがイメージできてくることでしょう。

当相談室では、丁寧なカウンセリングを通してお客さまの健康状態を照らしあわせながら、目標設定を行います。